• ホーム
  • > 漆器の取り扱い・お手入れ

漆器の取り扱い

漆器はデリケードでお手入れは難しいとお考えではありませんか?

漆は安全で丈夫な天然塗料の一つです。
使用後はコツさえつかめばお手入れは意外なほど簡単ですよ! 
大切な事は「長時間水に漬けない、乾燥させすぎない、極度な温度の変化に気をつける」
などがポイントで、常に御使用いただく事でカビなども防げます。
気軽に日常生活に使用する事により『愛着と味わい』が出てきますよ!

菓子鉢、茶托など軽い汚れには‥

温度40度ぐらいのぬるま湯でサッと手洗いで流せば十分汚れが落ちます。

油汚れには‥

お食事後の油汚れには食器用中性洗剤を使っていただいて結構です。
手洗いがベストですが、やわらかいスポンジ・布巾を使ってやさしく流しても大丈夫です。

御飯がこびりついた時には‥

御飯ものが硬くこびり付いてしまった時などはお湯に漆器を付けるのではなく、
内側にお湯をはって10分程置いておきましょう〜
御飯が柔らかくなったらスポンジなどを使ってやさしく洗ってください。

洗い終わったら‥

自然に乾かすよりもすぐに水気を拭き取ってあげた方が漆器が長持ちします。
洗い終わったら、すぐにやわらかい布巾で水気を拭き取りましょう。
お重の角やお椀の底など水気の残りやすい箇所は特に気をつけます。

保管方法は‥

そのまま重ねて食器棚に収納しても構いません。
お客様用など大切な器は重ねる際にティッシュペーパーや布を挟むとキズになりません。
大切な日に使う特別な品はやわらかい紙・紙袋・布などに包んで箱に納めます。
乾燥を嫌うので、乾燥しすぎない場所に保管しましょう。

家庭用食洗機対応・レンジ対応には‥

上記の表示がある商品は家庭用洗浄機および電子レンジにて御使用する事が可能です。
電子レンジ対応表示製品はPET・ABS樹脂を主成分としていますので
「耐熱温度が−20℃〜140℃」のため、電子レンジ・冷蔵庫での御使用が可能です。
電子レンジでの加熱時間の際には2分以上の加熱を避けて下さい。 
油分の多い料理などは加熱をしないでください。

  • 漆器店がつくる わっぱ弁当箱
  • 漆器のお椀・夫婦椀
  • 漆器のカップ・ペアカップ・フリーカップ

漆器アイテムから探す

  • 漆器のお手入れ
  • 支払い・配送・送料について
  • ギフト包装・のしについて
  • 魚津漆器のこと
  • 鷹休漆器店のこと

漆器アイテムから探す