鷹休漆器店〈越中富山 伝統の魚津漆器〉夫婦椀・カップ・内祝・結婚ギフト・長寿・弔事・記念品など 漆器の通販サイト

カテゴリー

  • わっぱ弁当箱/弁当箱/松花堂
  • お椀
  •  御箸/夫婦箸/カトラリー/箸置き
  • ペアカップ/フリーカップ/酒器
  • スイーツカップ/菓子器/茶道具
  • 皿/鉢/盛器/ペア
  • お盆/膳/ランチョンマット/おしぼり
  • 重箱/祝儀品/賞状盆/祝儀盆
  • 名刺/小物/デスク/文庫箱/硯箱
  • 花器/漆額/インテリア/パネル
  • 仏具/神具

コンテンツ

  • 魚津漆器の歴史
  • 鷹休漆器店について
  • 漆器のお手入れ方法
  • 鷹休漆器店 メディア掲載情報
  • ギフト包装・のし
  • お客様の声

4代目 店主 鷹休雅人
Masato Takayasumi

近年では日本ではもちろん世界的にも「和」が見直されています。 その中でも漆器は昔から身近な生活でも楽しめる「日本の美」でもあります。当店では多くの皆様に漆器を身近に感じていただく為“新しい発想での御使用”をお薦めしています。皆様の家庭にある漆器をアレンジして御使用する事により、日頃から楽しみながら「漆(JAPAN)」の魅力&再発見も感じられますよ!

お電話でのお問い合わせ 0765-22-0857

カートを見る

カートの中に商品はありません

カートの中身を見る

鷹休漆器店と店主の紹介

−鷹休漆器店とは−

当店は古くから伝わる
魚津漆器の伝統を受け継いでいる唯一のお店です。
漆器産業が魚津の一大産業として大きく発展していた頃、
大正10年(1921年)に「初代:佐之吉」が開業しました。
その後、佐吉・昭夫と継承され
現在の『4代目 雅人』に受け継がれています。

−4代目 店主の紹介−

4代目は高校を卒後に輪島に移住。
「石川県立輪島漆芸技術研修所」に入学して漆器の基礎を学びます。
研修所を卒業後も引き続き輪島に残ると決め
輪島塗の某企業に就職して本格的な職人の道に進みます。
輪島漆器業界では現在でも残る徒弟制度(年季奉公)があり、
その弟子生活の期間中は実践での
「塗りの技術・漆の心得」を多く取得しました。
輪島での多くの修行経験が財産となった約8年後に
地元である魚津に戻り、家業を受け継ぐ事となります。
現在では魚津の伝統を受け継ぐと共に
修行経験を活かして商品制作の幅も広げ
『生活に合った商品・オリジナルの商品』などを制作しています。
また、近年、見直されてきている和食器である漆器を
アレンジした使用法なども提案しながら、
多くの“美しい漆器・楽しい漆器生活”をお勧めしています!

鷹休漆器店

受賞歴

平成28年度『伝統的工芸品産業大賞 作り手部門 功労賞』 受賞

伝統的工芸品産業大賞 作り手部門 功労賞

アクセス・販売店

〒937-0055 富山県魚津市中央通り1-7-12
TEL:0765-22-0857

《お店以外の販売店》
・魚津埋没林博物館 売店
・海の駅『蜃気楼』
・あいの風富山鉄道 魚津駅内『ミラマルシェ』
・魚津電鉄駅前観光案内所 売店
・ホテルグランミラージュ 売店
・金太郎温泉 売店
・黒部市地域観光ギャラリー「のわまーと」
・黒部峡谷鉄道 宇奈月駅 売店
・ANAクラウンプラザホテル
・高志の国文学館 館内ショップ
・富山きときと空港『まいどは屋』
・ますのすしミュージアム 売店
・富山県アンテナショップ『ととやま』 その他